不妊子宝相談、生活習慣病、めまい、咳、胃腸症状が得意な坂重薬局

★薬草堂坂重薬局は、埼玉県鶴ヶ島市と川越市にある漢方薬局です★

*

心臓アンチエイジング術

突然死の代名詞ともいえる心筋梗塞(しんきんこうそく)・・・
早期発見でリスクを軽減できるともいわれていますが、早期発見するためには1回 ¥70,000~¥150,000  の心臓ドック(心電図検査やエコー検査、トレッドミル検査など)が良いとのこと。

しかし、なかなか検査に行けない、という方でも、心筋梗塞のリスクをチェックする方法があります。

 

心筋梗塞リスクチェック
心筋梗塞リスクチェック川越市鶴ヶ島市の漢方薬局坂重薬局
 仰向けになると、胸が痛い、息苦しく感じる
 足腰が悪くないのに、周りの歩くスピードについていけない

上の2つのうち、1つでも当てはまる方は、心筋が弱っている可能性があります。

また、日ごろの健康チェックとして血圧をはかってみましょう。
以下に当てはまる方は心筋梗塞のリスクが高い可能性があります。

  最高血圧(収縮期血圧)-  最低血圧(拡張期血圧)= 60以上

かつ

  最高血圧(収縮期血圧)= 140以上

 

 

心筋梗塞リスクの鍵   冠動脈

心筋梗塞を予防するためには、
1. 心筋を強くする
2. 冠動脈を強くしなやかにして、血液がサラサラ流れるようにする
ことが大切です。

心筋梗塞リスクチェック川越市鶴ヶ島市の漢方薬局坂重薬局心臓には3本の血管が冠(かんむり)のようにおおいかぶさっています。この3本の血管が冠動脈(かんどうみゃく)で、心臓に血液と酸素を送っています。

冠動脈がいずれか1本でもダメになると、心臓は動くことができなくなります。

冠動脈は1本あたり直径4mmほどしかありません。とても簡単に詰まってしまうことがおわかり頂けると思います。

心筋梗塞リスクチェック川越市鶴ヶ島市の漢方薬局坂重薬局血管を詰まらせる原因の多くはプラークです。

プラークとは、悪玉コレステロールなどを原料として血管内に生成される脂肪の塊のことです。

プラークが何かの拍子に破れてしまうと血栓ができます。そして血管が詰まるとその先の組織が壊死してしまいます。

 

 

石灰化プラーク

自分の冠動脈にプラークがあるかどうかは、心臓MRI検査やカルシウムスコア検査などで発見することができます。

血管内のプラークが破れずにそのままずっと放置され、石のように硬くなった状態を石灰化プラークといいます。

心臓MRI検査は主に冠動脈の詰まりを調べる検査で、カルシウムスコア検査は石灰化プラークを調べる検査になります。

実はこの石灰化プラーク、60代以上の女性の4人に1人に、60代以上の男性なら2人に1人の割合で発見されるといわれています。

  心筋梗塞発症リスク  

石灰化プラークが・・・
0個~99個      軽度
100個~400個      中等度
400個以上      高度

一度できた石灰化プラークがなくなることはほぼないと言われています。新しいプラークを作らないようにすることが大切です。

 

 

心臓アンチエイジング術
突然くる心筋梗塞を予防するための心臓アンチエイジング術をご案内します。

少しだけ多めに動く
毎日の動作に少しだけ手間をかける、少しだけ多めに動くようにしてみましょう。
時間は余分にかかるかもしれませんが、一駅手前に電車を降りて歩いて帰る、エスカレーターやエレベーターを使わないで階段を使う、家事をする時も手間を増やす、例えば洗濯ものを一枚ずつ干すとか、です。動作が多くなると血液も酸素も流れやすくなります。

あなたに合った有酸素運動をみつけましょう
有酸素運動は血管・血液にとても良い影響を与えます。
太極拳、ヨガ、ストレッチ、など、呼吸を大切にする運動をこまめにしてみましょう。但し「やりたくない」ものは却ってストレスになって心臓に負担がかかるので、「やりたい」「楽しい」運動を見つけて無理のない範囲で楽しみましょう。

食事は野菜をたっぷりと
食事のときは、野菜を先にたっぷり摂りましょう。
野菜を先に食べておくと、あとから食べた揚げものや肉類に野菜の食物繊維が絡み、吸収されにくくなります。
また、野菜をたっぷり食べておくと満腹感が得られやすく、食べ過ぎを防ぐことができます。食事はいつでも腹七分がちょうどよいのです。食べ過ぎ、飲み過ぎに注意しましょう。

 

 

おすすめの漢方薬

シソ科の植物丹参たんじん
丹参(たんじん)は、シソ科の植物でサルビアの一種です。地中海沿岸ではセージと呼ばれ香草としてポピュラーな植物です。

血液がサラサラ流れるよう、血液をきれいにし、血管を拡張して血圧を下げる活血化オ(かっけつかお)という作用と、良い血量を増やし、鎮痛・鎮静・精神安定といった養血安神作用があり、またビタミンE、タンシノン、チメレンタンシキノン、サルビノールなどの成分を含みます。

丹参(たんじん)漢方相談の坂重薬局

冠動脈を拡張、冠動脈中の血液を増加(心筋梗塞、狭心症など)
腎臓動脈の血流量増加、血圧降下(高血圧など)
心筋コントロール制御、エネルギー消耗を最小限に(心臓への負担軽減)
血液中のコレステロールや中性脂肪を除去(動脈硬化など)

現代の救世主ともいえる、素晴らしい生薬です。
詳しくは坂重薬局の専門スタッフまでご相談ください。

 

坂重薬局店舗案内へ

何でもお気軽にご相談ください

※漢方薬は医薬品です。あなたにピッタリのお薬をお選びいたします。服用の際は必ず薬草堂坂重薬局へご相談ください。

 

川越市鶴ヶ島市の漢方薬局坂重薬局

 

 

 - 生活習慣病 , , , , , , ,

  関連記事

健康診断の新基準
健康診断の新基準

2014年4月、日本人間ドック学会と健康保険組合連合会が、健康診断の新しい基準範 …

脳卒中
急増中!脳卒中

朝夕と日中の寒暖差が激しい季節になると、急増するのが脳卒中です。 特に朝(AM6 …

味覚障害
味覚障害の予防と改善

味覚障害とは? 味覚障害は、実際に経験したことのある方にしかわからないつらさがあ …

食べ過ぎ飲み過ぎ
食べ過ぎ飲み過ぎ

忘年会、新年会、歓送迎会・・・。 特に年末年始は宴会のオンパレードで、坂重薬局に …

認知症
認知症は予防できる

主に加齢に伴う脳の変化による認知症、以前は痴呆症とも呼ばれていました。 日本では …

男性の更年期
男性の更年期

更年期、というのは子どもを産む期間から産まなくなる期間への移行期にあたります。 …

中医学的ダイエット
中医学的ダイエット

  漢方でやせる!! 体重を一時的にただ落とすだけが目的の方はこのペー …

下肢静脈瘤
下肢静脈瘤

多くは足の血管の静脈がコブのように盛り上がってみえ、痛みはなくても、足の筋肉がつ …

微熱が続く時
微熱が続く時

「風邪かな?」と最初は思って、気が付いたらもう何日も微熱が続いている、という時、 …

花粉症の食養生
花粉症の食養生

今月は【花粉症の食養生】をご紹介します。 花粉症は免疫システムの不調和によるもの …


PAGE TOP