不妊子宝相談、生活習慣病、めまい、咳、胃腸症状が得意な坂重薬局

★薬草堂坂重薬局は、埼玉県鶴ヶ島市と川越市にある漢方薬局です★

*

夫源病ふげんびょう

夫の定年退職後、やっと夫婦でゆっくりできる時間がもてるようになったのに、体調不良に悩まされるようになった奥様、それはもしかしたら夫源病(ふげんびょう)かも知れません。

夫の帰宅時間になると、または夫が家にいると頭痛・めまいが起こる
夫が出張、旅行などで家を空けると頭痛・めまいが治る
夫の言動が原因で、のぼせ・ほてりがおこる

といった症状、ありませんか?

夫源病ふげんびょう★川越市鶴ヶ島市の漢方薬局坂重薬局

 

昔から夫は妻に先立たれると死亡率が高くなる、といわれていますが、妻は夫が長生きなほど死亡率が高くなる、といわれています。

ご主人からすれば意外に思われるかも知れませんが、奥様からすると「確かに・・・」と納得される方も多いのではないでしょうか。

夫にとっては妻が頼り、母親のような存在がいなくなることは完全な孤独を意味し、精神的なショックはもちろん、生活するうえで欠かせない毎日の食事やゴミ出しの分別から、靴下はどこ?印鑑はどこ?消耗品はどこで買えばいい?など、細かな事が色々と負担となって病気になってしまったり、引きこもってしまったり、そうして段々と生きる気力を失っていくと実感される方も多いのだそうです。

逆に、夫が定年退職をして家にいる時間が長くなってから、次第に体調不良になっていく妻が多くなっています。

夫の言動が原因で体調不良になることを夫源病(ふげんびょう)と名付けたのは、医学博士の石蔵文信さん(ホームページはこちらです)です。

代表的な症状は、情緒不安体・慢性的な疲労感・不眠・頭痛・全身の痛み・動悸・眩暈などで、精神的、また、肉体的に体調を崩してしまうのです。

 

更年期と似ている?

情緒不安体・慢性的な疲労感・不眠・頭痛・全身の痛み・動悸・眩暈といった症状は更年期と似ていますね。

更年期の諸症状の主な原因はホルモンバランスの乱れによるものです。

女性は七の倍数なので、おおよそですが、49歳が閉経とすると前後5年なので44歳~54歳くらいの期間が更年期となります。

夫源病ふげんびょう女性の更年期の目安★川越市鶴ヶ島市の漢方薬局坂重薬局

 

一方、夫源病(ふげんびょう)の大きな原因は、夫の言動によるストレスです。

中医学には、同病異治(どうびょういち)という言葉があります。同じ症状でも原因が異なれば対応方法も違う、という意味です。

例えば頭痛という症状でも、風邪の頭痛と夫源病の頭痛とでは、原因が異なります。風邪の頭痛は鎮痛剤で解決できるかも知れませんが、夫源病が原因の頭痛を鎮痛剤で仮にその場はしのげたとしても、根本的な解決には至りません。繰り返し繰り返し頭痛に悩まされることになります。

ですので、更年期の諸症状と症状は似ていても、原因は若干違いますので、対応方法も異なります。夫源病の諸症状は長引くと血管壁がもろくなったり、血栓ができやすくなったりして、心筋梗塞や脳卒中、動脈硬化につながる可能性もあります。

 

夫源病になりやすい夫婦

夫が亭主関白
自分が家族を養ってきたという思いが強く、妻を家政婦扱いする。妻の行動をチェックし管理しようとする。

趣味が少なく、友達が少ない
夫婦どちらか、または夫婦共に趣味が少ない、または気兼ねなく話せる友達が少なく、友達と出かける事も少ない。

家事は妻の仕事だと思い込んでいる
妻ががまん強く、家事を全てやらなくてはいけないと思い込んでいる。または夫は家事は全て妻の仕事だと思いこんでいる。

世間体を気にする
世間体を気にして、夫婦ともにお互いへの不満を誰にも言えないでいる。

几帳面である
全てにおいてしっかりやらないといけない、手を抜いてはいけない、という思いがある。

 

 

ストレスとオキシトシン

もともと男性より女性のほうがストレスに強いという傾向があります。

出産や子育てに関連するオキシトシンというホルモンがありますが、オキシトシンは免疫力を向上させる幸せホルモンとも呼ばれていて、仕事でくたくたになって帰ってきても子どもの世話を積極的にしたり、友達同士でのおしゃべりを楽しんだり、といった一連の流れにオキシトシンが関係しているといわれています。

オキシトシンはストレスに強くなるホルモンですが、子どもとのスキンシップや友達と他愛ない会話をすることでも分泌されます。つまり、仕事で溜まったストレスも子どもの世話をすることで癒されるというとても素晴らしいバランスを保っているのです。

ところが、子どもの独立によってオキシトシンが分泌される機会が失われ、更に夫の定年退職によって夫婦の時間が増える一方で友達との会話も減り、またここでもオキシトシンの分泌機会が失われていくのです。

 

 

夫源病の改善方法

 夫婦でコミュニケーションをとりましょう
 お互いを思いやりましょう
 「ありがとう」「ごめんなさい」を言いましょう
 対話は当たり前、不満はお互いに言いあいましょう
 ストレス解消法を作りましょう
 友達と旅行に行きましょう

 

夫婦で対話が夫源病改善のポイント★川越市鶴ヶ島市の漢方薬局坂重薬局

 

更に昨今では、妻源病というものもあるそうです。
夫より妻のほうが収入が多い、妻からストレスをかけられる、じゃまもの扱いされる、といった事が原因のようです。

もちろん、ストレスにおすすめの漢方薬やサプリメントもございます。

自分だけで抱え込まず、是非ご相談にいらしてください。

 

 

坂重薬局店舗案内へ

漢方薬は医薬品です。
貴方の体質や状態、状況に合わせて正しく選び、上手に活用するお手伝いをいたします☆(^^♪
生活養生法、食養生のアドバイスもおまかせください!
あなたにピッタリの漢方薬・オリエンタルハーブをお選びいたします。
ご利用の際は当店にお気軽にご相談ください

 

川越市鶴ヶ島市の漢方薬局坂重薬局

 

 

 - 症状別にみる , , , , , , , , ,

  関連記事

風邪
何色ですか?あなたの風邪

どんなに気をつけていても、風邪を引いてしまう時、ありますよね? そんな時は風邪の …

微熱が続く時
微熱が続く時

「風邪かな?」と最初は思って、気が付いたらもう何日も微熱が続いている、という時、 …

顔色でわかる弱点
顔色でわかる弱点

「あら、顔色が良くなったじゃない」 「あら、顔色がすぐれないわね」 など、あいさ …

五月病
五月病

五月病というものがあります。 新学期・新生活、期の変わり目ということで、精神バラ …

デング熱
デング熱、マダニ、MERS

デング熱、マダニ、MERS(マーズ)コロナウイルス 昨年の夏、160名を超える感 …

男性の更年期
男性の更年期

更年期、というのは子どもを産む期間から産まなくなる期間への移行期にあたります。 …

自律神経を整えよう
自律神経を整えよう

春になると、「そわそわとして気持ちが落ち着かない」「衝動的な感情をコントロールし …

食中毒
食中毒

梅雨時期から夏の終わりまで、心配になってくるのが食中毒です。 食中毒の原因には、 …

脳アンチエイジング
脳アンチエイジング術

大人の脳の重さは、体重の2%ほど、1.4kgくらいです。 脳は、心身の働きのすべ …

夏の養生法
夏の漢方!

高温多湿の日本の夏は、暑いこと、そしてジメジメムシムシすること、が特徴ですね。 …


PAGE TOP