不妊子宝相談、生活習慣病、めまい、咳、胃腸症状が得意な坂重薬局

★薬草堂坂重薬局は、埼玉県鶴ヶ島市と川越市にある漢方薬局です★

*

アトピー性皮膚炎のかゆみの原因

九州大学生体防御医学研究所(http://www.bioreg.kyushu-u.ac.jp/)免疫遺伝学分野の福井主幹教授は昨年、アトピー性皮膚炎のかゆみを引き起こすIL-31が作られるメカニズムを解明した、との研究結果発表をしました。

主にヘルパーT細胞から産生されるかゆみ原因物質、IL-31の産生に重要なタンパクとしてEPAS1を同定しました。

ヘルパーT細胞は、白血球のリンパ球の一つで、免疫系統の司令を出すという役割を担っています。ヘルパーT細胞は特に感染した細胞をみつけて攻撃する仕組みに関わっています。

アトピー性皮膚炎のかゆみ原因物質★川越市鶴ヶ島市の漢方薬局坂重薬局

 

アトピー性皮膚炎を発症中のマウス2匹中、EPAS1ができないようにしたマウスには皮膚の炎症が見られず、何もしていないマウスには皮膚炎症が見られ掻き壊しがあったとのことです。EPAS1がなければ、IL-31の産生も難しい、ということになるでしょうか。

ただ、まだまだ考えなくてはいけないことはありますね。

EPAS1(HIF2α)が低酸素の環境下において、血管や心臓の働きを活性化し環境適応能力を発動することは知られています。全くいらないタンパクでもないのです。IL-31(インターロイキン31)も同様で、そもそもIL-31は、液性免疫を制御するサイトカインの一つなので、これも全くいらないものでもないのです。

 

 

皮膚バリア力を強化しよう!

ヒトもその他の生きものも、植物も地球もとても複雑でよく出来ています。絶妙なバランスで、それぞれ均衡を保っています。

今回の研究結果を受けての成果に期待しながら、そもそも皮膚のバリア力を強化し、また、免疫バランスを整えていくと良いでしょう。

皮膚バリア力を強化するポイントは・・・
皮膚常在菌を守る
皮脂を守る
角質層を守る

皮膚を守ってくれているのは主に、常在菌・皮脂・角質層です。

アトピー性皮膚炎皮膚バリア力を強化しよう★川越市鶴ヶ島市の漢方薬局坂重薬局

 

菌というと、悪いものに思われがちですが、常在菌は人間にとって良い影響を与える必要な菌です。必要以上の殺菌・抗生物質などはこの必要な菌をも減少させてしまい、結果的に皮膚のバリア力を低下させる要因となります。皮脂も同じように体表部を守り、皮膚の内部にまで外敵が入り込むのを防ぐ役割を担っています。

また、角質層は水分と油分の層を交互に配置し構成されている層で、ここでも体内に悪いものが入りこまないようにしています。

ですから、洗いすぎない、殺菌しすぎないことが大切です。

まずは、洗浄力の強い石鹸は使用しない、合成界面活性剤が入ったものや殺菌作用のある基礎化粧品は使用しない、また、熱いお湯の多用を控え、洗ったあとはすぐに保湿を心がけましょう。

 

 

免疫バランスを整えよう!

アトピー性皮膚炎免疫バランスを整えよう!★川越市鶴ヶ島市の漢方薬局坂重薬局

 

現代医学でもアトピー性皮膚炎の方は免疫バランスが崩れている状態といわれます。免疫力は絶妙なバランスをとりながら成り立っているのです。

中医学の考えかたでは、体表部は衛気(えき)という気でおおわれていて、衛気は外部から心身を守っています。衛気を含む気(=エネルギー)は先天性もありますが、後天性としては主に食べものから作られます。

実際に、免疫力が低下した方には胃腸機能が弱っている方が多く見受けられます。

食欲不振、食後お腹が脹る、食後眠くなる、軟便、手足にカが入らないという方は胃腸の働きが低下している可能性があります。

また、食事をおそろかにしていると破壊された組織をなかなか修復することができないので、お肌の調子も改善しにくく、病気になりやすく治りにくくなります。

食生活を見直しながら、漢方薬の助けを借りながら、衛気を養い、免疫バランスを整えていくと良いでしょう。

 

坂重薬局店舗案内へ

漢方薬は医薬品です。
貴方の体質や状態、状況に合わせて正しく選び、上手に活用するお手伝いをいたします☆(^^♪
生活養生法、食養生のアドバイスもおまかせください!
あなたにピッタリの漢方薬・オリエンタルハーブをお選びいたします。
ご利用の際は当店にお気軽にご相談ください

 

川越市鶴ヶ島市の漢方薬局坂重薬局

 

 

 - 皮膚トラブル , , , , , ,

  関連記事

美肌漢方
美肌のつくりかた

お肌は何でできている? もっと美しくなりたい・・・100年前も1000年前もずっ …

光老化を防ごう
光老化の防ぎかた

命を作る恵みの太陽、神とも呼ばれる大きな存在の太陽の光のなかには、わたしたちの体 …

美肌漢方
皮膚常在菌と仲良くしよう

夏は、汗でべたべたしたお肌をスッキリ洗い流したい!ついつい洗いすぎてしまう傾向に …

くすみしわたるみ
七情とくすみしわたるみ

季節の変わり目にお肌がゆらぐ。 そんな声を耳にすることがあります。 中医学では肌 …

夏の皮膚トラブル
夏の皮膚トラブル

日本の夏は高温多湿、更に節電・省エネが必須である昨今では、あまり涼しい顔をしては …

りんご病
りんご病(伝染性紅斑)

りんご病とは、伝染性紅斑(でんせんせいこうはん)のことで、ヒトパルボウイルスB1 …

円形脱毛症
円形脱毛症

髪の毛は、個人差はありますが1人10万本ほど生えていると言われています。そして一 …

アトピー性皮膚炎
アトピー性皮膚炎とステロイド外用薬

難治といわれるアトピー性皮膚炎も、正しい処置を行えば、症状を緩和し、完治すること …

多汗症
多汗症

夏や暑い季節、運動をした時に汗をかくのとはまた違い、絶えず手の平や足の裏、または …

大人にきび
思春期にきびと大人にきび

一般に、20歳までのできもの(炎症性疾患)を「にきび」、20歳を超えたら同じでき …


PAGE TOP