不妊子宝相談、生活習慣病、めまい、咳、胃腸症状が得意な坂重薬局

★薬草堂坂重薬局は、埼玉県鶴ヶ島市と川越市にある漢方薬局です★

*

子宮は冷えを嫌う

最近は男性だけでパフェを食べに行く、というケースも少なくありませんが、やはり甘味処には女性同士のグループが多いですよね。女性は甘いものが好きです。

毎日必ず、甘いものを食べる、という方・・・習慣化していませんか?

実はチョコレートや白い砂糖入りの飲料、アイスクリームといった甘いものや冷たいものは、妊活中には特におすすめできません。

甘いものや冷たいものは子宮を冷やし、子宮は冷えを嫌うからです。

赤ちゃんが育まれるベッド=子宮は温かくふわふわとしていることが妊活の基本になります。

冷えの原因はもちろん食生活にもあります。

アイスクリームなどの冷たいものはもちろん、実は、生ものや甘いものも身体を冷やします。

なかなか改善できない肩の痛み、ひざや関節の痛み☆川越市鶴ヶ島市の漢方薬局坂重薬局清涼飲料水に含まれる砂糖の量の計算方法(目安)は、内容量 ÷ 単位量 × 単位量当たりの炭水化物(g)といわれています。例えば、500mlのペットボトルで栄養成分表示の単位が100mlで炭水化物が11gの場合(100mlあたり炭水化物11g)、500 ÷ 100 × 11 = 55 なので、1本で55gの砂糖が含まれていることになります。

市販のスティックシュガーが1本3gだとして、18.3本、1本のペットボトルでスティックシュガー18本を摂っているという計算になります。

アイスも目安ですが同じ方法で計算すると、とんでもない砂糖の量だということがわかります。人の舌は冷たいものだと甘さを認識しずらいので、砂糖の量もさらに多くなってしまうわけです。

きんきんに冷えたジュースやアイスは、冷たいプラス砂糖のダブル効果で、胃腸も子宮も冷やしてしまうわけですね。

 

卵巣機能低下にもつながる糖化とは?

排卵障害にも血糖値が関係しています。
甘いものが好きな方、甘いものを摂ることが習慣化している方は、一度食後の血糖値を確認してみると良いでしょう。

食事などで過剰に摂取した糖が体内のたんぱく質と結びつき「AGEs(最終糖化産物)」という不健康な老化を促進してしまうものになるのですが、食後の血糖値が150mg/dl~200mg/dlを超えた場合には、糖化がすすんでいると思われます。

AGEs(最終糖化産物)は、老化を早めるものとして有名ですが、卵巣機能低下にもつながるといわれています。

 

糖は悪者?

とはいえ、糖が完全な悪者かというとそうではありません。

最近の映画やドラマのなかで、頭脳派の役の方がよく棒キャンディや飴を口にする演出がみられますが、腎臓の髄質精巣、また筋肉がブドウ糖をエネルギーとして利用していることはよく知られています。

ブドウ糖は記憶力を増すという実験結果があり、確かに脳のエネルギー源はブドウ糖であり、脳だけで一日あたり120gのブドウ糖が必要であるとされています。

更に、食事で補った糖分でその時に使わない糖分は、筋肉や肝臓でグリコーゲンとして貯蔵されますが、たくさんは貯蔵できず、エネルギーとして再度利用される際には時間がかかる為、やはり一日のなかでちょこちょこと補う必要があります。

糖は決して悪者ではなく、必要なエネルギー源なのですが、摂りすぎや摂りかたが問題なのです。

糖は悪者?☆川越市鶴ヶ島市の漢方薬局坂重薬局

 

かしこく糖をとろう!

糖はその時使われなかった分は筋肉や肝臓で貯蔵されますが、たくさんは貯蔵できません。余ったものはどうなるか、ですが、脂肪組織に蓄積されるので肥満の原因になります。そして脂肪も身体を冷やします。また、糖がエネルギーとして使われる際に必要なのはビタミンB1です。よって糖の大量摂取はビタミンB1の大量消費につながります。

ビタミンB1が不足すると・・・
 手足のしびれ、痛み
 手足のむくみ
 疲労感、倦怠感
 動悸、息切れ
 集中力の低下、気分の落ち込み
 下痢、便秘

といった症状があらわれます。

ですので、糖類は食事や果物で摂ることをおすすめします。

一日3回の食事にプラス果物を少しづつこまめに摂ると良いでしょう。具体的には6時(朝食)、9時(おやつ)、12時(昼食)、15時(おやつ)、18時(夕食)、21時(おやつ)、といった風にです。

ドリアン、栗、ぶどう、みかん、なつめ、パイナップル、バナナ、メロン、マンゴー、バナナ、柿、など、ほとんどの果物には糖質もビタミン類も豊富に含まれているうえにカリウムや食物繊維など、バランスの良い栄養がたくさん含まれています。

また、果物はぜひ常温で召し上がって頂きたいと思います。

会社でのブレイクタイムに新鮮な果物を摂るのは難しい、という方は是非ドライフルーツをお試しください。干しブドウやあんず、クランベリー、ブルーベリー、くこの実、なつめなど、女性に嬉しい栄養素がぎっしりつまっていますよ。

かしこく糖をとろう!☆川越市鶴ヶ島市の漢方薬局坂重薬局

 

甘いものはストレス解消になるから、という方へ

ダイエットしているわけでもないのに、甘いものがダメなんて、イライラする!!
という方もいらっしゃるでしょう。

あなたが甘いものを口にする時、本当は「落ち着きたい」「不安な気持ちを解消したい」「リラックスしたい」のではありませんか?

そして、甘いものでなくても「落ち着ける」「不安な気持ちを解消できる」「リラックスできる」ものを考えてみてください。

温かいハーブティー、良い香りのするお風呂、マッサージ、本屋、森林、お気に入りの場所、散歩、ガーデニング、家族、友達、ペット、いろいろとあると思います。是非、見つけてみてください。

実はストレス解消に役立つ漢方薬もあります。お気軽にご相談にいらしてくださいね。

 

川越市鶴ヶ島市の漢方薬局坂重薬局

 

 - 子宝相談 , , , , , , , , , , ,

  関連記事

男性の更年期
男性の更年期

更年期、というのは子どもを産む期間から産まなくなる期間への移行期にあたります。 …

精子を元気にする方法
精子を元気にする方法

不妊原因が男性50%女性50%で半々である現代、赤ちゃんが欲しいご夫婦とも健康な …

生理の仕組み
生理の仕組み

女性の子宮は妊娠する準備として、周期的に子宮の壁が新しく作りかえられています。一 …

習慣性流産
不育症、習慣性流産

一般的に自然流産や死産を3回以上繰り返すと、習慣性流産、不育症といわれます。 た …

高プロラクチン血症
高プロラクチン血症(HPRL)

高プロラクチン血症(高PRL)とは、女性の無月経と排卵障害(不妊原因)のひとつで …

子宮内膜症
子宮内膜症

今まで原因不明とされてきた不妊には子宮内膜症(しきゅうないまくしょう)によるもの …

不妊原因女性
不妊原因(女性)

ここでは不妊の原因で女性に多いものをご紹介いたします。 子宮筋腫 子宮筋腫は、子 …

漢方の子宝相談
赤ちゃんがほしい

ここ数年、赤ちゃんがほしくても授からない、というご夫婦が増えています。 避妊をせ …

女性ホルモンのリズムを整えよう
女性リズムを整えよう

気温、天気、気圧、湿度・・・その日によって体調の変化を感じる女性はとても多くいら …

冷え性が不妊の原因?
冷え性が不妊の原因?

女性に多い冷え症は、実は体や心に様々な不調をきたす深刻な悩みのもとです。 「手足 …


PAGE TOP