不妊子宝相談、生活習慣病、めまい、咳、胃腸症状が得意な坂重薬局

★薬草堂坂重薬局は、埼玉県鶴ヶ島市と川越市にある漢方薬局です★

*

腰痛の原因と食養生

現在、日本人成人のおよそ10人に7人が腰痛経験者であるといわれています。

腰痛は、人類が二本足で歩くようになってからの症状、ですが出来るだけ痛みとは無縁で生活したいですよね。

中医学では、腰痛や関節痛などの痛み・しびれなどを総称して痺証(ひしょう)といいます。痺証(ひしょう)は、「しびれる」という意味の他に「つまる」「滞る」という意味もあります。

 

中医学で考える腰痛

中医学(中国漢方)には経絡(けいらく)という考え方があります。経絡を一言で説明すると『気(生命エネルギー)が流れる道』のことです。そして経絡上には気が発するポイント=経穴(けいけつ:ツボ)があります。

腰痛に関係する経穴は全部で16個あります。うち膀胱経(ぼうこうけい)という種類のものが15個、胆経(たんけい)が1個、経絡や経穴にはそれぞれ名前がついています。

腰痛の経絡☆川越市鶴ヶ島市の漢方薬局坂重薬局【右図参照】
・ 膀胱経25:大腸兪(だいちょうゆ)
・ 膀胱経27:小腸兪(しょうちょうゆ)
・ 膀胱経29:中膂兪(ちゅうりょゆ)
・ 膀胱経31:上リョウ(じょうりょう)
・ 膀胱経32:次リョウ(じりょう)
・ 膀胱経33:中リョウ(ちゅうりょう)
・ 膀胱経36:承扶(しょうふ)
・ 膀胱経37:殷門(いんもん)
・ 膀胱経40:委中(いちゅう)
・ 膀胱経54:秩辺(ちっぺん)
・ 膀胱経55:合陽(ごうよう)
・ 膀胱経56:承筋(しょうきん)
・ 膀胱経57:承山(しょうざん)
・ 膀胱経59:フ陽(ふよう)
・ 膀胱経60:崑崙(こんろん)
・ 胆経30: 環跳(かんちょう)

中医学で腰痛と向き合う時には、この経絡(けいらく)の流れ、気・血・津液の流れに注目します。

といいますのも、腰痛などの痛みやしびれ、こわばりなどは、自然界の邪気のうち寒邪(かんじゃ)湿邪(しつじゃ)そして風邪(ふうじゃ)が関係してくると考えるからです。

邪気(じゃき)というのは、主に経穴(けいけつ)から入りこみ、気・血・津液の流れのなかに侵入してきて、健康を害します。(対症法を行う場合は対象の経穴を鍼灸などによって温めると良いです。)

故に根本的な解決方法としては、体内に侵入・停滞している寒邪(かんじゃ)湿邪(しつじゃ)風邪(ふうじゃ)に出ていってもらうことから着手し、また再び寒邪(かんじゃ)湿邪(しつじゃ)風邪(ふうじゃ)を招きいれてしまわないよう対応していきます。

 

 

生活習慣チェックポイント

まずは日常生活において以下のチェックポイントを確認してみてください。

生もの、冷たいものの飲食が多い(冷蔵庫で冷やした果物も含む)
糖分や油脂分の多いものを好んで食べる(摂取量が多い)
清涼飲料水やビール、お酒を一日200ml 以上飲む
寒い場所での作業時間が長い(家庭や職場など)
過労やストレスが蓄積している
睡眠が足りないと感じる、または睡眠時間が5時間以下
睡眠時間が10時間以上(成人)、または朝9時以降に起きる
運動をほとんどしない、長時間のデスクワーク

あなたはいくつチェックがつきましたか?

上記は寒邪(かんじゃ)湿邪(しつじゃ)風邪(ふうじゃ)を招いてしまう生活習慣ですので、改善できるところから改善してみましょう。ビールは特に危険です。冷たく冷やしたビールはまず胃を冷やし、次に熱を発し湿を作ります。腰痛をおもちの方には一番避けて頂きたいものです。

 

 

食養生

  陽気を保つ温性の食べもの
体温は環境(冬の寒い気候や寒冷地)や老化、食べもの、「運動しない・動かない」といった生活習慣などにより低下します。

体を温める食材は、羊肉・鶏肉・もち米・桃・ざくろ・ナツメ・レイシ・竜眼肉・生姜・山椒・紅茶などです。 冷えを感じやすい方は積極的に摂るとよいでしょう。

  湿をとる(体内の余分な水分を排出する)食べもの
余分な水分を排出してくれる食べものには夏野菜が多く、故に体を冷やす作用を併せもっていることが多いので注意が必要です。食性が平性か温性のものは、そら豆・小豆・とうもろこし・大根・鯉・らっきょう・生姜などです。

利湿には、はとむぎ茶がとても良いのですが寒性なので温かいお茶で飲みましょう。

  気の流れを良くする食べもの
気の流れを良くする食べものの代表はパセリやセリ、セロリといった香菜ですが涼性なので、玉ねぎ・マッシュルームなど。また気を補ってくれる食べものには、カツオ・サバ・黒豆・しいたけなどがあります。

  腎の力を補う食べもの
加齢に伴い、身体機能が衰えてくるのはある程度自然の理ですが、中医学の知恵を適応することで、老化を緩やかにしたり、100歳まで元気で健康で過ごす、といったことは可能です。黒米・黒豆・黒きくらげ・黒ごま・ひじきといった黒い食べものを積極的に摂りましょう。

ひどい腰痛を経験された方は「二度と繰り返したくない!」と思うと思います。生活習慣や食事で改善できれば良いのですが、とても間に合わない!という場合は漢方薬に助けてもらいましょう。

自然のちからを少しだけ借りて、生活環境を見直すことが腰痛の根本的な解決につながります。

腰痛はきっと治ります。
わたしたちと一緒にがんばってみませんか?

腰痛☆川越市鶴ヶ島市の漢方薬局坂重薬局

川越市鶴ヶ島市の漢方薬局坂重薬局

 

 

 

 - 生活習慣病, 症状別にみる , ,

  関連記事

下痢☆気陰両虚
慢性の下痢

便中の水分が多く、水様・泥状となった状態の下痢。 一時的な急性の場合、ほとんどは …

メタボリックドミノを防止せよ!
メタボリックドミノを防止せよ!

肥満は、容姿の問題だけでなく、生活習慣病と呼ばれる、あらゆる病気を引き起こす可能 …

群発頭痛
群発頭痛

慢性頭痛というと、片頭痛、緊張型頭痛、そして群発頭痛です。 慢性頭痛のなかでも、 …

4月病
4月病のうちに

四月病とは・・・? 今までになかっためまいや冷や汗が出るようになったり、肩が重だ …

止まらない咳
あなたの咳はどのタイプ?

医療分野においては、コンコンとした乾いた咳(空咳)を乾性咳嗽(かんせいがいそう) …

脳卒中
急増中!脳卒中

朝夕と日中の寒暖差が激しい季節になると、急増するのが脳卒中です。 特に朝(AM6 …

花粉症の食養生
花粉症の食養生

今月は【花粉症の食養生】をご紹介します。 花粉症は免疫システムの不調和によるもの …

肩こり
頸肩腕症候群(けいけんわんしょうこうぐん)

デスクワークの方が増えてきています。 「ちょっと肩が痛いな」「首がこってるな」「 …

座ると老ける?

平均寿命が長いことで知られる日本、 2015年夏に厚生労働省により発表された20 …

結核
結核を予防するために

数年前に有名人も発病して話題になった結核(けっかく)、「どうして今時、結核病が? …


PAGE TOP