不妊子宝相談、生活習慣病、めまい、咳、胃腸症状が得意な坂重薬局

★薬草堂坂重薬局は、埼玉県鶴ヶ島市と川越市にある漢方薬局です★

*

血管の老化を防ぐ

健康な心身でいるためには、しなやかで強く働く血管、サラサラに流れる質の良い血液がとても大切です。

 

血液、血管のなぜなに??

血液の量は体重の約8%です。
血液は約1分で体内を一周します。
血管の95%以上が毛細血管なんです。
毛細血管は動脈と静脈をつなぐ細い血管、なんと髪の毛の1/10~1/100の太さなんです。
血管の長さは地球二周半(10万km)です。
血液が入れ替わるのに120日ほどかかります。

 

血液、血管の役割

血液の主な役割

💧 免疫機能
💧 体温調節
💧 酸素と二酸化炭素の運搬
💧 栄養分、ホルモンの運搬
💧 排泄物の運搬

血管はこれらの役割を担う血液がサラサラとスムーズに働けるよう、たやすく壊れたりしないよう、柔軟で丈夫でいることが求められます。

『人は血管から老いる』といわれています。
血液の質が低下してドロドロと濁り、流れが悪くなり、ゴミが溜まりやすく詰まりやすくなり、血管がもろくなり・・・。そのような状態を中医学(中国漢方)ではオ血(おけつ)といいます。

人の血管の老いは、30歳後半からはじまるといわれています。
脳や心臓のオ血(おけつ)は、重くなってからの治療はなかなか難しく、発症してからの対応は困難を極めます。 ですから、40歳になったら予防をはじめるようおすすめしています。

 

こんな方は要注意!!

💗  イライラしやすい、怒りっぽい
💗  顔色が赤い、赤ら顔
💗  舌の色が暗い
💗  手足がしびれる
💗  黒っぽいシミがある、クマがある
💗  あざができやすく、残りやすい
💗  肩こり、頭痛、関節痛がある

血管の老化を防ぐ☆川越市鶴ヶ島市の漢方薬局坂重薬局

 

ストレスが血管の老化を早める

ストレスによって交感神経の興奮状態が続くと、血管が収縮し、血行が悪くなります。精神的な緊張は時に必要なのですが、全ては陰陽のバランス、どちらかばかりが優勢しすぎるとバランスを崩していきます。

ストレスフルな環境が長期間にわたると気の流れが滞り、血液の流れが悪くなり、結果的に血管を硬くもろくさせていきます。気の流れが滞ることによって、血流も悪くなることを気滞血オ(きたいけつお)といいます。

この場合、血流を良くすることだけに注力してもなかなか改善されません。血の流れをスムーズにすると同時に、気の流れもスムーズに流してあげると、良い方向へいきます❣❣

 

血液をサラサラにする食べもの

薬食同源、食べることは薬を飲むことと同じです。
美味しく食べて、血液サラサラ!血管イキイキ!を目指しましょう。

血液サラサラ・・・
マイワシ・サバ・アジ・うなぎ・玉ねぎ・ししとう・らっきょう・ほうれん草・トマト・紫蘇等。

イライラする・・・
桜エビ、ひじき、納豆、豆腐、レタス、香菜、紫蘇、セリ、くるみ、ごま、緑茶、牛乳等。

 

緊張をほぐす理気薬(りきやく)
イスクラ逍遙丸(しょうようがん)、イスクラ開気丸(かいきがん)、加味逍遙散エキス顆粒(かみしょうようさん)、

血管イキイキ!血流元気!!
血液が入れ替わるのには120日間必要💗続けて予防&改善❣
イスクラ冠元顆粒(かんげんかりゅう)、田七人参茶(でんしちにんじんちゃ)

血液サラサラ血管の老化を防ぐ☆川越市鶴ヶ島市の漢方薬局坂重薬局

 

川越市鶴ヶ島市の漢方薬局坂重薬局

 

 - 季節の養生法, 生活習慣病, 症状別にみる , , , ,

  関連記事

食中毒
食中毒

梅雨時期から夏の終わりまで、心配になってくるのが食中毒です。 食中毒の原因には、 …

緑内障
緑内障(りょくないしょう)

緑内障(りょくないしょう)は日本人の失明原因の第一位(厚生労働省による)であり、 …

ロタウイルスとノロウイルス
ロタウイルスとノロウイルス

インフルエンザウイルスの流行が落ちついてきたかなと思う2月~6月頃、油断大敵なの …

男性の更年期
男性の更年期

更年期、というのは子どもを産む期間から産まなくなる期間への移行期にあたります。 …

冠動脈
心臓アンチエイジング術

突然死の代名詞ともいえる心筋梗塞(しんきんこうそく)・・・ 早期発見でリスクを軽 …

ロコモティブシンドローム
ロコモティブシンドローム

「ロコモ」とは、ロコモティブシンドローム(locomotive syndrome …

ドライシンドローム
ドライシンドローム

春や秋といった季節の変わり目は、乾燥が気になります。 ドライシンドロームとは・・ …

浴室熱中症
浴室熱中症

入浴中の死亡事故は毎年増加傾向にあります。 厚生労働省によりますと、平成16年か …

熱中症対策をしましょう
熱中症を予防しよう!

熱中症には、脱水症状を伴う熱疲労・血液の電解質バランスが崩れて起こる熱けいれん・ …

ニキビと五臓
ニキビでわかる五臓のヘルプサイン

どこにニキビができていますか? 中医学(中国漢方)では、皮膚は内臓の鏡といいます …


PAGE TOP