不妊子宝相談、生活習慣病、めまい、咳、胃腸症状が得意な坂重薬局

★薬草堂坂重薬局は、埼玉県鶴ヶ島市と川越市にある漢方薬局です★

*

大人のアレルギー

アレルギーというと、花粉症やアトピー性皮膚炎、喘息、アナフィラキシー、など、様々な言葉が思い浮かびますね。

では「アレルギー」とは何でしょうか。

わたしたちの身体にはウイルスや細菌などから身体を守る免疫というチカラが備わっています。何らかの原因で、この免疫機能が、本来、身体にとって有害ではないものにまで過剰に反応してしまうことをアレルギー反応といいます。

アレルギーの原因物質を「アレルゲン」といいます。アレルゲンには、動物表皮、樹木花粉、植物花粉、ダニ、ハウスダスト、真菌、寄生虫など多くのものがありますが、食べものでは、0歳児のアレルゲンには鶏卵や牛乳、魚卵(特にいくら)などが多く、大人のアレルゲンには甲殻類、小麦、魚類が上位に挙げられます。

大人のアレルギー☆川越市鶴ヶ島市の漢方薬局坂重薬局

 

  0歳 1~2歳 3~6歳 7~17歳 18歳以上
1位 鶏卵 鶏卵 木の実類 果物類 甲殻類
2位 牛乳 魚卵類 魚卵類 甲殻類 小麦
3位 小麦 木の実類 落花生 木の実類 魚類
4位 牛乳 果物類 小麦 果物類
5位 果物類 鶏卵 鶏卵 大豆

食物アレルギー診療ガイドライン2021より引用

 

アレルギーマーチ

例えば乳幼児の時期にアトピー性皮膚炎を発症した方が、成長するにつれて、アレルギー性鼻炎、喘息、食物アレルギーなど、様々なアレルギー症状を出現させていくことをアレルギーマーチといいます。

ここ数年、アレルギー疾患発症が増える傾向にあり、なるべく早めの時期からアレルギー疾患の発症を改善、予防することが重要だと認識されています。

大切なのは、乳幼児~子どもの頃からのケアと必要以上のアレルゲンの除去をしない、ということです。例えば、国立成育医療研究センターから2017年に発表された研究結果では、「アトピー性皮膚炎のある乳児に対しその湿疹をしっかり治療しながら加熱鶏卵を少量ずつ経口摂取させることで、卵アレルギーの発症を減少させることができる」といった報告があります。

ただし、この減感作療法は大人アレルギーにはうまくいきにくいともいわれています。

アレルギーマーチを起こさない、大人のアレルギーの予防と対策は、まず現在の状況をよく理解するところからはじまります。

 

アレルギー検査

血中抗原特異的IgE抗体検査

アレルゲンごとの血液中の「IgE抗体」の量を測る検査です。「IgE抗体」の値が高い項目は、その食物を摂取したりそのものに接触した時に症状が出る可能性がありますが、値が高いからといって必ずしも症状が出るわけではありません。例えば普通に牛乳を飲んでいた方でも検査したら牛乳の値が高い、といった結果がでる場合もあります。
 View39、MAST36、MAST48mixなどがあります。それぞれ検査項目が違いますので、気になる内容が入っている検査が良いでしょう。(下記参照)
 血中抗原特異的IgE抗体検査はスクリーニング検査です。アレルギー診断や臨床経過の評価に用いることは推奨されていません。
 検査結果は絶対ではありません。

View39
ヤケヒョウダニ、ハウスダスト、ネコ皮屑、イヌ皮屑、ガ、ゴキブリ、スギ、ヒノキ、ハンノキ、シラカンバ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ、アルテルナリア(ススカビ)、アスペルギルス(コウジカビ)、カンジダ、マラセチア、ラテックス、卵白、オボムコイド、牛乳、小麦、ピーナッツ、大豆、ソバ、ゴマ、米、エビ、カニ、キウイ、リンゴ、バナナ、マグロ、サケ、サバ、牛肉、鶏肉、豚肉、オオアワガエリ(イネ科植物)

MAST36
牛乳、小麦、卵白、オボムコイド、ゴマ、ソバ、大豆、米、ピーナッツ、マグロ、サケ、エビ、カニ、豚肉、牛肉、鶏肉、トマト、桃、キウイ、バナナ、スギ、ヒノキ、ハンノキ、シラカンバ、ヨモギ、オオアワガエリ、カモガヤ、ブタクサ、オオブタクサ、ハウスダスト、アスペルギルス、カンジダ、ラテックス、コナヒョウダニ、イヌ皮屑、ネコ皮屑、アルテルナリア(ススカビ)

MAST48mix
牛乳、小麦、卵白、オボムコイド、ゴマ、ソバ、大豆、米、ピーナッツ、サバ、マグロ、サケ、エビ、カニ、豚肉、牛肉、鶏肉、トマト、桃、キウイ、バナナ、ヘーゼルナッツ、アーモンド、クルミ、スギ、ヒノキ、ハンノキ、シラカンバ、ヨモギ、オオアワガエリ、カモガヤ、ナガハグサ、ハルガヤ、ギョウギシバ、ブタクサ、オオブタクサ、ブタクサモドキ、ハウスダスト、アスペルギルス、カンジダ、ラテックス、コナヒョウダニ、ヤケヒョウダニ、イヌ皮屑、ネコ皮屑、アルテルナリア(ススカビ)、ペニシリウム、クラドスポリウム

イムノキャップ
特定のアレルゲンの特異的IgE抗体を調べることができます。プロバビリティカーブといって症状誘発の可能性を計算することができますが、こちらもあくまで確率論になります。

プリックテスト

蕁麻疹や口腔アレルギー症候群、アナフィラキシーショックなどの即時型アレルギーの原因を特定するための皮膚テストです。主に乳幼児や小児で行います。検査時に体内に入るアレルゲンが少ないため、比較的安全に行うことができるといわれています。

食物経口負荷試験

アレルゲン特定のため、またはアレルゲン除去の解除のために行う試験です。
重篤な症状や発作が起きた場合にも対応できる設備の整った医療機関で行います。アレルゲン食物を少しずつ、時間をかけて食べて症状の有無を確認していきます。

 食物経口負荷試験を自宅で行うのは危険なので必ず医療機関で受けてください。

大人のアレルギー☆川越市鶴ヶ島市の漢方薬局坂重薬局

 

中医学の考えかた

気には、元気(原動力)・宗気(酸素や血を体中に巡らす)・営気(身体を栄養する)・衛気(外邪から防御する)の4つがありますが、このうち免疫機能を担う気が体表をくまなく巡っている衛気(えき)です。

大人のアレルギー☆川越市鶴ヶ島市の漢方薬局坂重薬局

 

衛気(えき)が足りない場合は、食生活や生活習慣を見直していくと同時に、補気作用のある漢方薬を用いて補っていきます。また、実は他にもアレルギー要因があった、という場合も少なくありません。その場合も貴方だけにあった最適な改善方法をご提案いたします。

病院の治療との併用も可能です。
おひとりおひとりの状況や症状によって、対応方法が異なりますので、お電話にてご予約のうえお気軽にご来店ください。

 

★漢方薬は医薬品です★
あなたの証に合っていないと改善しないばかりか、悪化する可能性もあります。
漢方薬を服用する際には、必ず、専門スタッフにご相談ください。

川越市鶴ヶ島市の漢方薬局坂重薬局

 

 - 生活習慣病, 症状別にみる , , , , , , , ,

  関連記事

認知症
認知症は予防できる

主に加齢に伴う脳の変化による認知症、以前は痴呆症とも呼ばれていました。 日本では …

多汗症
多汗症

夏や暑い季節、運動をした時に汗をかくのとはまた違い、絶えず手の平や足の裏、または …

緊張型頭痛

今、慢性頭痛というと、片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛、また、第四の慢性頭痛といわれ …

腰痛の原因と食養生
腰痛の原因と食養生

現在、日本人成人のおよそ10人に7人が腰痛経験者であるといわれています。 腰痛は …

生活習慣病を防ぐ食養生
生活習慣病を防ぐ食養生

中医学(中国漢方)には、薬食同源(やくしょくどうげん)という言葉があります。薬を …

糖尿病
糖尿病

糖尿病の指標は以下のとおりです。 空腹時血糖 ≧ 126mg/dL 随時血糖値 …

睡眠時無呼吸症候群
睡眠時無呼吸症候群(SAS)

もしかして睡眠時無呼吸症候群(SAS)? 日中、眠くてしかたない・・・ 仕事中つ …

男性の更年期
男性の更年期

更年期、というのは子どもを産む期間から産まなくなる期間への移行期にあたります。 …

下痢☆気陰両虚
慢性の下痢

便中の水分が多く、水様・泥状となった状態の下痢。 一時的な急性の場合、ほとんどは …

弁膜症
心臓弁膜症

心臓には「右心房」「右心室」「左心房」「左心室」という4つの部屋があり、「右心房 …


PAGE TOP