不妊子宝相談、生活習慣病、めまい、咳、胃腸症状が得意な坂重薬局

★薬草堂坂重薬局は、埼玉県鶴ヶ島市と川越市にある漢方薬局です★

*

梅雨こそ気をつけたい熱中症

三寒四温からほどなく、急に気温と湿度が上昇する梅雨の季節こそ、気をつけたいのが熱中症です。早めに予防、対策をして梅雨を元気に過ごしましょう!!

 

熱中症2つのタイプ

 

熱中症★坂重薬局 汗をかきすぎてバテバテタイプ

熱中症★坂重薬局

汗をかきやすい人、汗をたくさんかいてしまう人は、水と塩分を補給しましょう・・・と言われていますが、中医学では、潤い+気を補っていただきたい(気陰双補)とおすすめしています。

中医学では、汗は体を瑞々しく保つ津液(しんえき:血液以外の水分)のひとつと考えています。また、汗をかくと気(き:生命エネルギー)も消耗してしまう為、倦怠感や息切れといった体調不良につながります。

汗のかきすぎによって失われた潤いと元気を取り戻す為の食べもの、または漢方薬がおすすめです。

【オススメの食べ物】
スイカ、きゅうり、冬瓜、ゴーヤー、れんこん、トマトなど

【オススメの漢方薬&ハーブ】
イスクラ麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)、香西洋参(しゃんせいようじん)

 

 

熱中症★坂重薬局 胃腸虚弱タイプ

熱中症★坂重薬局

梅雨時や夏の蒸し暑い季節に影響を受けやすいのは消化器系(脾胃)です。

湿気が発散できないと脾胃の働きは低下します。その上、一日中冷房の中にいたり、過剰に冷たいものをとると悪循環で、湿気が余計に体内にたまり、だるくなったり、むくんだり、食欲不振、下痢、吐き気、腹部膨満感などの症状がみられます。

このような時は、体内にたまった余分な湿気を取り除いて、脾胃の働きを活発にすることが大切です。

【オススメの食べ物】
うなぎ、海老、肉類、豆類、ねぎ、ショウガ、山芋など

【オススメの漢方薬&ハーブ】
イスクラ勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)、イスクラ健胃顆粒S(けんいかりゅう)、イスクラ健脾散エキス細粒(けんぴさんえきすさいりゅう)

 

 

熱中症予防のポイント

外出時は帽子をかぶろう!(UVカットだと尚良いでしょう)
クールマフラーやアイスノンを活用しよう!
熱を冷まし、潤いを与える食べ物を食べよう!
気を補う食べ物を積極的に食べよう!
ビール・アイス・清涼飲料水など、冷たいものの摂りすぎに注意しよう!
朝や夕方など比較的涼しい時間帯には外に出よう!
こまめに休息をとり、睡眠不足や過労に注意しよう!
室内にいる時、寝る前、起床時にも、コップ1杯(200cc)の水分補給をしよう!
(エアコンは水分を蒸発させ、また睡眠時、人は200ccの汗をかくといわれています)
水分補給はがぶがぶ飲むより、こまめに飲もう!
(漢方薬やオリエンタルハーブティーを活用したスペシャルドリンクがオススメ♪)

 

 

最高気温が摂氏25℃以上になる日を夏日といいますが、30℃以上の時は真夏日、35℃以上で猛暑日といいます。

温暖化やエアコンの排熱による気温の上昇化も問題ですが、暑さに対応できる体作りも共におこなっていきたいですね。

 

 

坂重薬局店舗案内へ

何でもお気軽にご相談ください

※漢方薬は医薬品です。あなたにピッタリのお薬をお選びいたします。服用の際は必ず薬草堂坂重薬局へご相談ください。

 

川越市鶴ヶ島市の漢方薬局坂重薬局

 

★こちらも併せてご参考ください★
  熱中症を予防しよう!

 

 

 - 季節の養生法 , , , , , , , ,

  関連記事

春のプチ不調に食養生
春のプチ不調に食養生

イライラ、ストレス、胃腸不調、お肌の調子(アンチエイジング)が気になる・・・ 春 …

血管の老化を防ぐ
血管の老化を防ぐ

健康な心身でいるためには、しなやかで強く働く血管、サラサラに流れる質の良い血液が …

光老化を防ごう
光老化の防ぎかた

命を作る恵みの太陽、神とも呼ばれる大きな存在の太陽の光のなかには、わたしたちの体 …

花粉皮膚炎
もしかして花粉皮膚炎?

今年は暖冬の影響で、花粉の飛散時期が早まるといわれています。 この花粉症の季節に …

インフルエンザ
インフルエンザ最新情報!

夏の疲れや寒暖差で免疫力が落ちているところへ、冷たい北風・・・、今年は夏が長く、 …

熱中症対策をしましょう
熱中症を予防しよう!

熱中症には、脱水症状を伴う熱疲労・血液の電解質バランスが崩れて起こる熱けいれん・ …

りんご病
りんご病(伝染性紅斑)

りんご病とは、伝染性紅斑(でんせんせいこうはん)のことで、ヒトパルボウイルスB1 …

食べ過ぎ飲み過ぎ
食べ過ぎ飲み過ぎ

忘年会、新年会、歓送迎会・・・。 特に年末年始は宴会のオンパレードで、坂重薬局に …

気象病
気象病

最近「気象病」のご相談が多くなっています。 気象病とは、その名のとおり、 雨が降 …

美肌漢方
美肌のつくりかた

お肌は何でできている? もっと美しくなりたい・・・100年前も1000年前もずっ …


PAGE TOP