不妊子宝相談、生活習慣病、めまい、咳、胃腸症状が得意な坂重薬局

★薬草堂坂重薬局は、埼玉県鶴ヶ島市と川越市にある漢方薬局です★

*

卵巣年齢を知る

女性の卵巣は、もともとたくさんの原始卵胞をもっています。

原始卵胞はわずか0.03mm、生理周期以外はほとんど休眠していて、原始卵胞から一次卵胞 → 二次卵胞 → 初期胞状卵胞 → 後期胞状卵胞 → 成熟卵胞、といった過程を経て成長していきます。

FSH(卵胞刺激ホルモン)とAMH(抗ミュラー管ホルモン)

 

卵巣年齢を知る川越市鶴ヶ島市の漢方薬局坂重薬局

 

初潮を迎えると、卵巣を刺激して卵胞を成熟させるために脳からFSH(卵胞刺激ホルモン)というホルモンが分泌されます。

このFSH(卵胞刺激ホルモン)に一番早く反応した原始卵胞から成長をはじめ、約375日かけて卵胞形成を行います。

原始卵胞が活性化しはじめると、卵胞からこんどはAMH(抗ミュラー管ホルモン)が分泌されます。

FSH(卵胞刺激ホルモン)は、卵巣機能が低下してくると値が増加しますが、生理周期の影響も受けやすく、卵巣年齢の指標としては正確性に欠けます。

AMH(抗ミュラー管ホルモン)は、卵巣機能が低下すると値が減少します。生理周期でも値の変動が少なく、値が低いと卵胞が少ないということ、値が高いとこれから育つ卵胞がまだたくさんあるということ、を知ることが出来、よって卵巣年齢を推測できるというものです。

 

卵胞形成の流れ

【1】原始卵胞

直径はわずか0.03ミリ、顆粒層細胞は平たい一層。
生誕後の女性で約200万個もっている原始卵胞は、年齢とともに減少し、初潮時には3~5万個、30代で5000~8000個、閉経時にはほぼ死滅するといわれています。

【2】一次卵胞

直径0.1ミリの分裂細胞、卵胞膜の形成がはじまり、この時期から初期胞状卵胞まで約25日を要します。

【3】二次卵胞

直径0.2ミリの多層の顆粒層細胞、内・外卵胞膜の形成。この時期まではFSH(卵胞刺激ホルモン)に関係なく発育していきます。

【4】初期胞状卵胞

直径0.2ミリ~5ミリの胞状卵胞、FSH(卵胞刺激ホルモン)の影響を受けて成長をしていきます。「選択される可能性のある卵胞」とも呼ばれます。

【5】後期胞状卵胞

この時点で5~7つのclass5の卵胞が選ばれ、互いに競争をした結果、たったひとつだけが主席卵胞として排卵に向けて成長をしていきます。 主席卵胞は自らエストロゲン(卵胞ホルモン)を分泌しはじめ、エストロゲンはFSHを抑制する働きがあるため、主席以外の卵胞は死滅に向かいます。

【6】成熟卵胞

排卵に向けて一気に直径20ミリに成長をします。

 

卵巣年齢と実年齢は等しくない

このように、原始卵胞から排卵するための成熟卵胞に成長する過程で、多くの卵胞が犠牲になっていることがわかります。例えば、AMH(抗ミュラー管ホルモン)の検査では、あなたの卵巣に残っている卵胞の数や質を推測することができます。

卵巣年齢は実年齢とは関係のないものです。例えば実年齢は22歳だけど、卵巣年齢が30歳、とわかった時はどうでしょう・・・?

加齢に伴い、妊娠しにくくなる、というのは現実です。
タイミング法や人口受精、体外受精の場合でもAMH(抗ミュラー管ホルモン)値が低い、つまり卵胞がうまく育たなければお話にならないということも多々あります。AMH(抗ミュラー管ホルモン)が高い場合は、排卵誘発法を調整する必要もでてきます。

但し、AMH(抗ミュラー管ホルモン)値がゼロでも妊娠されたり出産されたりした事例はございます。また、FSH(卵胞刺激ホルモン)値は上昇してきたときにはすでに手遅れといったこともあります。

FSH(卵胞刺激ホルモン)や、AMH(抗ミュラー管ホルモン)の検査値により、卵巣年齢を知っておくということは、自分自身の卵巣の状態を知り、そしてリスクを下げ、効率よく対応をすすめるのに役立ちます。

 

卵巣年齢を知る川越市鶴ヶ島市の漢方薬局坂重薬局

 

中医学(中国漢方)では、生殖や成長に重要な役割を担う腎(じん)を補うと同時に、女性のバイオリズムに合わせて適切な対応をしていきます。

赤ちゃんが欲しい方は、どうぞお気軽に坂重薬局へご来店・ご相談ください!

お助け漢方薬
イスクラ婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)、イスクラ参茸補血丸(さんじょうほけつがん)、海精宝(かいせいほう)、イスクラ参馬補腎丸(じんばほじんがん)、イスクラ逍遙丸(しょうようがん)など。

 

 - 子宝相談 , , , , , , , , , ,

  関連記事

男性不妊は坂重薬局
不妊原因(男性)

ここでは不妊の原因で男性に多いものをご紹介いたします。 不妊の男性因子 環境ホル …

女性ホルモンのリズムを整えよう
女性リズムを整えよう

気温、天気、気圧、湿度・・・その日によって体調の変化を感じる女性はとても多くいら …

精子を元気にする方法
精子を元気にする方法

不妊原因が男性50%女性50%で半々である現代、赤ちゃんが欲しいご夫婦とも健康な …

男性の更年期
男性の更年期

更年期、というのは子どもを産む期間から産まなくなる期間への移行期にあたります。 …

冷え性が不妊の原因?
冷え性が不妊の原因?

女性に多い冷え症は、実は体や心に様々な不調をきたす深刻な悩みのもとです。 「手足 …

不妊原因女性
不妊原因(女性)

ここでは不妊の原因で女性に多いものをご紹介いたします。 子宮筋腫 子宮筋腫は、子 …

漢方の子宝相談
赤ちゃんがほしい

ここ数年、赤ちゃんがほしくても授からない、というご夫婦が増えています。 避妊をせ …

可愛い赤ちゃんを
妊娠の仕組み

不妊でお悩みの方、赤ちゃんが欲しいご夫婦の方へ、妊娠の仕組みはご存知ですか?妊娠 …

周期法と基礎体温表
周期法とは?

周期法とは、自分の体のリズムを知り、そのリズムにあわせて漢方薬を飲みわけ養生法を …


PAGE TOP