不妊子宝相談、生活習慣病、めまい、咳、胃腸症状が得意な坂重薬局

★薬草堂坂重薬局は、埼玉県鶴ヶ島市と川越市にある漢方薬局です★

*

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

もしかして睡眠時無呼吸症候群(SAS)?

日中、眠くてしかたない・・・
仕事中ついうっかり眠ってしまった・・・
家族に「いびきがうるさい」と言われる・・・
自分のいびきで起きてしまった事がある・・・

疲れがたまっている時、泥酔した時、一時的ないびきなら気にならないかも知れません。
しかし、慢性的ないびきの場合、それは睡眠時無呼吸症候群(SAS)かも知れません。

 

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは、睡眠中に何度も呼吸をとめてしまう病気で、いびきも睡眠時無呼吸症候群(SAS)の特徴のひとつです。

他には「しっかり寝たはずなのに熟睡感がない」「日中の眠気が強い」「頭痛」「集中力や記憶力の低下」といった症状があります。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は「まあ大丈夫」と軽視していると、高血圧や心疾患、糖尿病、脳血管疾患を引き起こす可能性がある、といわれています。また、狭心症や虚血性心疾患、心不全、肺の機能が低下している方は、睡眠時無呼吸症候群(SAS)を悪化させやすいということがわかっています。

 

いびきはどうして起こる?

「いびきは呼吸だ」とおっしゃる方もいますが、そのとおりです。
ただ、呼吸時に大きな音がする方はいません。大きな音のする呼吸がいびきなのですね。

いびきの主な原因は、呼吸時に通る上気道が何らかの原因で狭くなり、空気抵抗が発生し、粘膜が振動して、大きな音になる、音が鳴る仕組みは管楽器と同じです。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)のメカニズム☆川越市鶴ヶ島市の漢方薬局坂重薬局

なぜ上気道が狭くなるの?
睡眠時無呼吸症候群(SAS)のメカニズム☆川越市鶴ヶ島市の漢方薬局坂重薬局
気道が狭くなるといびきが発生します。気道が狭くなる原因は、

● 顎が小さい
● 舌が大きい
● 首周りに脂肪がついている
● 扁桃腺炎、扁桃腺が大きい
● 鼻中隔湾曲症
(鼻中隔=鼻腔を左右に隔てる中央の仕切り、が曲がる症状)

などがあります。

 

簡易検査とPSG検査

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査は、自宅で行える簡易検査から行うのが一般的です。

指と鼻にセンサーを取り付け、一晩睡眠し、鼻口気流、気管音、SpO2(血液中に含まれる酸素)、呼吸運動、体動、心電図などを記録するもので、記録した検査結果から診断する方法です。

簡易検査で問題なし、或は重症と診断された場合以外は、より詳細な状態を知る為に、PSG検査(ポリグラフィ検査)をします。

PSG検査では、睡眠中の低酸素状態や、脳波による覚醒状態、鼻口気流の途絶・再開、胸腹部の呼吸運動などを記録します。

 

眠気セルフチェック  Epworth Sleepness Scale

座って読書している時
テレビを見ている時
人がいる場所で座って何もしていない時(会議中や映画館)
車に同乗している時(1時間以上)
何も支障がない状況で、日中、横になって休憩している時
座って誰かと会話している時
車に同乗している時(1時間以上)
運転中の信号待ち、渋滞中

いびき睡眠時無呼吸症候群SAS☆川越市鶴ヶ島市の漢方薬局坂重薬局
「眠くならない」0点
「まれに眠くなる」1点
「時々眠くなる」2点
「眠くなる」3点

各項目毎にチェックをして合計が11点以上だと「眠気がかなり強い」ということになります。

 

睡眠時無呼吸症候群(SAS)と漢方薬

鼻腔や咽頭の器官変形は外科的な対応が必要なものを除いて、花粉症やアレルギー性鼻炎などのアレルギー疾患によるもの、ポリープ、蓄膿症、扁桃腺炎、肥満が原因のもの、その他不安などの心からくるものには、漢方薬で対応可能な場合もあります。

肥満・・・痰湿(たんしつ)
手足が重だるい、体が重い、水太り、むくみがある、痰が切れにくい、舌にべったりした苔がついている。
これらが痰湿(たんしつ)体質の特徴です。代表的な漢方薬には、瀉火利湿顆粒(しゃかりしつかりゅう)、温胆湯(うんたんとう)、勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)などがあります。

肥満・・・気虚(ききょ)
やる気がでない、疲れやすい、すぐ息切れする、声が細い、風邪をひきやすい、舌に歯痕がある。こうした症状のある人は、気虚(ききょ)体質かもしれません。
代表的な漢方薬には、衛益顆粒(えいえきかりゅう)、補中丸(ほちゅうがん)、麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)、西洋人参などがあります。

蓄膿症、扁桃腺炎
慢性的な鼻やのどの症状には、荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)や鼻淵丸(びえんがん)が代表的な漢方薬です。

心の問題
鼻やのどの器官的な問題もなく、鼻やのどの疾患もなく、肥満でもなく、お酒も飲まない、でもいびきが大きい、通常の治療をしたがまったく改善しない、という方は、心のバランスを整えてあげると良いでしょう。

心配事や不安な事があり、夢が多い、夜中に何度か目が覚める、そうした症状の方におすすめするのは、温胆湯(うんたんとう)または帰脾湯(きひとう)、心脾顆粒(しんぴかりゅう)です。また、歯ぎしりが多い、神経質な方へは抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)がおすすめになります。

血圧が高めで、ストレスフルな環境にいる方、責任感の強い方には、柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)という漢方薬もあります。

お一人お一人にあった漢方薬をおすすめいたします。
お気軽にご相談にいらしてください。

 

川越市鶴ヶ島市の漢方薬局坂重薬局

 

 - 生活習慣病, 症状別にみる , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  関連記事

suwaru
座ると老ける?

平均寿命が長いことで知られる日本、 2015年夏に厚生労働省により発表された20 …

インフルエンザ
インフルエンザ最新情報!

夏の疲れや寒暖差で免疫力が落ちているところへ、冷たい北風・・・、今年は夏が長く、 …

心筋梗塞、狭心症
心筋梗塞、狭心症

心臓は、ポンプのように一定のリズムで収縮と拡張を繰り返し、全身に血液を送り出して …

認知症
認知症は予防できる

主に加齢に伴う脳の変化による認知症、以前は痴呆症とも呼ばれていました。 日本では …

ヘルパンギーナ
ヘルパンギーナ

夏風邪は、アデノウイルスなど高温多湿を好むウイルスによっておこる感染症で、プール …

眠れない人は漢方で解決
眠れない☪

睡眠障害には大きく4つの症状があります。 ☪ 入眠障害・・・寝つきが悪 …

花粉症の食養生
花粉症の食養生

今月は【花粉症の食養生】をご紹介します。 花粉症は免疫システムの不調和によるもの …

肩こり
頸肩腕症候群(けいけんわんしょうこうぐん)

デスクワークの方が増えてきています。 「ちょっと肩が痛いな」「首がこってるな」「 …

熱中症対策をしましょう
熱中症を予防しよう!

熱中症には、脱水症状を伴う熱疲労・血液の電解質バランスが崩れて起こる熱けいれん・ …

結核
結核を予防するために

数年前に有名人も発病して話題になった結核(けっかく)、「どうして今時、結核病が? …


PAGE TOP