不妊子宝相談、生活習慣病、めまい、咳、胃腸症状が得意な坂重薬局

★薬草堂坂重薬局は、埼玉県鶴ヶ島市と川越市にある漢方薬局です★

*

証とは何ですか?

漢方薬局でよく聞く「証(しょう)」とは?

漢方薬局や漢方薬について書かれた記事などで「証(しょう)にあった・・・」「証(しょう)にあわせて・・・」という言い回しがよく出てきますね。

「証(しょう)」は、もともと「證」と書き「(患者が医者に)告げること」を意味します。

中医学での「証(しょう)」とは、現代医学でいう「病名」のようなものですが、実際には「本人の自覚症状」+「体に表れている他覚症状」を指します。

場合にもよりますが、大抵「証(しょう)」は、体格や年齢や性別、経過や季節、生活環境、生活習慣、食生活などによって変化するものなので、漢方相談のたびに「証(しょう)」を確認することが大切です。

 

証は4つの要素から成っている

動脈硬化の原因・予防・改善★坂重薬局 表裏
証は4つの要素から成っている★坂重薬局表裏(ひょうり)の表(ひょう)は体の外側に出ている症状のことで、裏(り)が体の内側に出ている症状のことです。

例えば「表」には頭・皮膚・関節・咽頭部に出ている頭痛・悪寒・咽頭痛などがあり、発症が急で、進行のスピードも速いという特徴があります。

「裏」には血液や血管・内臓に出ている血圧・疲労・下痢などがあり、変化もゆるやかですが、時間をかけて育てられた病因または慢性的な原因があるため、治療にもそれなりの時間がかかるという特徴があります。

 

動脈硬化の原因・予防・改善★坂重薬局 虚実
虚実(きょじつ)の虚(きょ)は足りないこと実(じつ)は過剰なこと、を意味します。

中医学では心と体のトータルバランスを整えることで健康を目指していきます。

「過ぎたるは猶及ばざるが如し」のことわざの通り、何事もほどほどが丁度良く、足りないのも過剰なのも良くありません。足りない場合は補い、過剰は場合は排出を促します。

 

動脈硬化の原因・予防・改善★坂重薬局 寒熱
寒熱(かんねつ)の寒(かん)は体の働きが低下していること熱(ねつ)は体の働きが亢進していること、を意味します。

顔色が青白いという寒証の場合は温める処方を、のぼせや鼻血など熱症の場合は冷ます処方を用います。

 

動脈硬化の原因・予防・改善★坂重薬局 陰陽
中医学の基本理論、陰陽五行論(いんようごぎょうろん)に基づいて、状態が陰と陽どちらに傾いているか、今後の方針を決めるキーとなるので丁寧な見極めが重要となります。

裏・虚・寒は陰証であり、表・実・熱は陽証です。

中医学ではこの陰陽のバランスをとても大切にしています。

もともとは、太陽による光と影の観察(伏義氏による)からきたので、陰陽は固定されたものではなく常に変化します。どんなに変動しても常にバランスがとれていれば問題ありません。例えば、「いつもは調子が良いのに、台風が近づいてくると激しい頭痛がする」「健康に問題はないと思うのに、赤ちゃんを授からない」という場合、やはりバランスが取れていないから、ということになります。

環境によって、年齢によって、季節によって、いつも同じというわけにはいかないわたしたちの心身です。養生方法や漢方薬もその時々に合わせて対応していきましょう。

陰陽★坂重薬局

 

 

証の判断材料は・・・?

人間の五感、視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚をフルに使って病態を判断するのが中医学ですが、現代の漢方相談では、問診(もんしん)、聞診(ぶんしん)、望診(ぼうしん:舌診ぜっしんを含む)、切診(せっしん)に加えて、病院での検査値や血圧、基礎体温表などの数値データも参考にします。
※切診(せっしん)は医療機関でのみになります。

 

問診(もんしん)★坂重薬局問診(もんしん)
病気や症状の発生した状況や経過、自覚症状、他に気になる症状はないか、既往症や現在服用している薬などを問うことを問診(もんしん)といいます。

病態によってはご本人だけでなく、家族の状態を聞くこともあります。

病気や症状の全体像を把握するうえでとても重要になります。

 

聞診(ぶんしん)★坂重薬局聞診(ぶんしん)
聞診(ぶんしん)は、せきの音や話す声の状態(太い・細い等)、また息切れや話し方、怒りっぽいのかマイペースなのか、口臭や体臭、便の匂いなどで判断する方法です。

母親が赤ちゃんの健康状態を確認する時にする方法と同じですね。

 

切診(せっしん)
切診(せっしん)は、脈を触ったり、おなかを触ったり、押して反応や感触を確かめたりする方法で、医療機関でのみ使用できる方法です。

 

望診(ぼうしん)坂重薬局望診(ぼうしん)
望診(ぼうしん)は、視覚を使った方法です。
中医学の古典『黄帝内経(こうていだいけい)』では、「能合脈色可以万全(脈診と望診を上手に行えば、どんな難病の診断でも行える)」と記されています。

顔色や姿勢、分泌物があるかどうか、また、舌診(ぜっしん)といって舌を見る方法があります。

 

 

 

坂重薬局店舗案内へ

何でもお気軽にご相談ください

※漢方薬は医薬品です。あなたにピッタリのお薬をお選びいたします。服用の際は必ず薬草堂坂重薬局へご相談ください。

 

川越市鶴ヶ島市の漢方薬局坂重薬局

 

 

 - 症状別にみる , , ,

  関連記事

食中毒
食中毒

梅雨時期から夏の終わりまで、心配になってくるのが食中毒です。 食中毒の原因には、 …

4人に1人が65歳以上
4人に1人が65歳以上

ここ数年、総務省は9月15日の敬老の日に、日本の高齢者人口の推計を発表しています …

血管の老化を防ぐ
血管の老化を防ぐ

健康な心身でいるためには、しなやかで強く働く血管、サラサラに流れる質の良い血液が …

認知症
認知症は予防できる

主に加齢に伴う脳の変化による認知症、以前は痴呆症とも呼ばれていました。 日本では …

肝疾患
肝疾患(肝臓病)と漢方薬

日本において、肝疾患で多いものはウイルス性肝炎で、そのなかでもC型ウイルス肝炎が …

心筋梗塞、狭心症
心筋梗塞、狭心症

心臓は、ポンプのように一定のリズムで収縮と拡張を繰り返し、全身に血液を送り出して …

下肢静脈瘤
下肢静脈瘤

多くは足の血管の静脈がコブのように盛り上がってみえ、痛みはなくても、足の筋肉がつ …

五月病
五月病

五月病というものがあります。 新学期・新生活、期の変わり目ということで、精神バラ …

PM2.5とスギ花粉
PM2.5とスギ花粉

最近、ニュース番組で『PM2.5』の話題が絶えません。 中国の大気汚染が大きな要 …

健康診断の新基準
健康診断の新基準

2014年4月、日本人間ドック学会と健康保険組合連合会が、健康診断の新しい基準範 …


PAGE TOP